公務員試験予備校「資格の大原」の評判・料金・講座を徹底解説!
公務員予備校選びで悩む人
公務員試験の予備校選びで悩んでいる。資格の大原の料金、コース、評判はどうなっているんだろう。誰か教えてくださいな。

こんな疑問に答えていきます。

✔️本記事の内容

  • 資格の大原の主なコース、料金
  • 資格の大原のメリット・デメリット
  • 資格の大原の評判
  • 資格の大原がおすすめな人

こんにちは、はやたです!

この記事を書いている僕ですが、9年間県庁職員として働いた元公務員です。

公務員試験は現役で合格しておりまして、公務員試験に関する記事や公務員生活に関する記事を書いています。

今回の記事では、予備校選びをしやすくするため、公務員試験予備校「資格の大原」の情報をまとめました。

この記事を読むことで、合格に一歩近づきますので、ぜひ最後までお付き合いください

資格の大原の主なコース、料金

電卓とお金とメモ

資格の大原はコースがかなり細かく用意されておりまして、代表的な4つを紹介します。

コース名 価格

国家総合職(法律)

合格コース

548,000

公務員合格コース

教室通学

355,400

公務員合格コース

Web通信

159,000

国家一般職・地方上級

合格プラン【教材】

89,000

公務員合格コースは地方上級、国家一般職、市役所の行政職など、主要な公務員試験に対応したコース。

公務員合格コースWeb通信はテキスト+Web講座の受講のコースとなっており、学習指導や論文・面接対策をつけると教室通学と同価格になります。

国家一般職・地方上級合格プラン【教材】は教材のみのコース。

上記以外にも、資格の大原では下記の通り様々なコースが用意されているので、一度中身をチェックしてみると良いでしょう。

  • 札幌市専願合格コース
  • 公務員速習合格コース
  • 土木職公務員合格コース
  • 神戸市(法律)合格コース
  • 国家総合職(経済)コース
  • 資格免許職教養対策合格コース
  • 国税・財務専門官併願合格コース
  • 地方初級・国家一般職合格コース

他社と比べて安い?高い?

他社の主な料金と比較してみましょう。

  • 資格の大原:355,400
  • LEC349,000
  • TAC350,000
  • EYE308,000
  • ヒューマンアカデミー:244,400
  • クレアール:約21万円

大手であるLECTAC・資格の大原はいずれも35万前後、中堅のEYEは約30万です。

公務員予備校全体としてみると高めですが、大手の中では相場通りの価格設定と言えるでしょう。

クレアールとヒューマンアカデミーと比較すると割高に見えますが、両社ともオンライン専門になりますので、低価格となっています。

ただし、(資格の大原に限らない話ですが)大手はオンラインと通学に価格差が無いので、大手を選ぶなら通学型とすべきです。

資格の大原のメリット(強み)

meritと書かれたノート

公務員試験予備校「資格の大原」のメリット(強み)は、下記の4点。

  1. 校舎が全国にある
  2. 教材のみの販売がある
  3. 科目単位で講座がある
  4. 合格実績が豊富(公表している)

校舎が全国にある

資格の大原の校舎は全国で48校展開されており、業界で最大級です。

校舎の内訳は、下記の通り。

エリア 学校名
北海道・東北

札幌、函館、盛岡、仙台、山形

関東

東京水道橋、池袋、早稲田、新宿、町田、立川、横浜、日吉、千葉、津田沼、柏、水戸、大宮、宇都宮、高崎

甲信越

甲府、長野、松本、新潟

北陸

富山、金沢、福井

東海

名古屋、津、岐阜、浜松、静岡、沼津

関西

大阪、梅田。難波、京都、神戸、姫路、和歌山

中国

岡山、広島

四国 愛媛
九州・沖縄

福岡、小椋、大分、熊本、沖縄

全国を網羅しており、一部の地域を除き、通学することが可能かと思います。

競合と校舎数を比較

予備校名 校舎数
資格の大原 48校
TAC  36校
LEC 53校
EYE 3校

若干LECの方が多いですが、同じ大手のTACとは12校の開きがあります。

業界でも最大級の校舎数であることは間違いありません。

教材のみの販売がある

大原では下記の通り、教材のみのコースがあります。

国家一般職・地方上級合格プラン 89,000
市役所合格(秋受験)プラン 56,000
経験者採用(秋受験)合格プラン 56,000

これは「教材のみ」のコースとなっており、講座は受講できません。

教材には「テキスト」「問題集」「模試」が含まれ、論文・面接のテキストも入っています。

参考書をいちいち選んでいる時間がもったいない!という方にはおすすめのコースですね。

科目単位の講座がある

資格の大原では、科目ごとに講座を販売しています。

法律系科目 18,300
経済系科目 18,300
数的処理 18,300

なので一部の苦手科目だけ予備校でフォローしたい人にとっては、使い勝手がとても良いと思います。

合格実績が豊富(公表している)

資格の大原では、合格者の総数を公表しています。

2020年度は、3,854名(実人数)であり、これは業界最大数です。

他の予備校の合格実績を見てみましょう。

予備校名 合格者数
資格の大原 3,854名(実人数)
LEC 上位合格者のみ公表
TAC 5,102名(延べ人数)
EYE 167名(実人数)
クレアール 公表なし
ヒューマンアカデミー 公表なし

LECは母数としての公表はありません。

TACは一見すると大原より多いように見えますが、延べ人数を使っていますので、実人数で見れば大原の方が多いという結果になるでしょう。

【合格者の考え方】

延べ人数:1人が3つの試験に合格したら、「3名」とカウント

実人数:1人が3つの試験に合格しても「1名」とカウント

クレアール、ヒューマンアカデミーはオンライン特化のため、数字の公表はありません。

EYEは合格者総数は少ないですが、合格率はとても高いことで有名です。

EYEについては「【他社比較あり】公務員試験予備校EYEの評判・料金・講座を徹底解説!」でまとめておりますので、よければ参考にどうぞ!

資格の大原のデメリット

demeritと書かれたノート

公務員試験予備校資格の大原のデメリットは、下記の2点。

  1. 費用が高い
  2. 資格の大原独自の強みに欠ける

費用が高い

費用について、今一度振り返ってみましょう。

資格の大原 355,400
LEC

349,000

TAC 350,000円
EYE 308,000円
クレアール 約21万円
ヒューマンアカデミー 244,400円

残念ながら、公務員予備校の中では最高価格帯だということは隠しようがありません。

なので費用を抑えたい方はEYEや通信型のクレアールを検討すると良いでしょう。

≫≫関連記事:【コスパ最強】公務員試験予備校クレアールの評判・料金・講座

≫≫関連記事:【他社比較あり】公務員試験予備校EYEの評判・料金・講座を徹底解説!

資格の大原独自の強みに欠ける

LEC業界最大手、名書籍多数

TACLECに及ばないが、有名講師在籍(郷原講師など)

EYE中小規模だが、距離の近さが特徴

クレアール→通信特化、価格は最安値

大原はLECTACのように有名講師の在籍や名著と呼ばれる参考書を出版しているわけではありません。

辛口なコメントをすると、決め手に欠ける印象です。

とはいえ、資格の大原は実績も十分、講座の数も豊富なのでその点は誤解なさらぬようにお願いします。

SNSの声

SNSで調べてみると、資格の大原は簿記など公務員以外の講座でも知名度が高いようです。

以下に参考となるツイートの抜粋を載せておきます。

受験生の意識の高さがわかるツイート

まとめ

summayと書かれたノート

今までの情報を整理すると、資格の大原に向いている人は下記のような方です。

  • 通学か独学を考えている
  • 費用は気にしない
  • 合格の実績を大切にしたい
  • なんとなくLECTACの雰囲気が合わない

大原はオンラインの価格が通学と変わらないので、通学をベースに考えるべきです。あるいは、大原独自コースである独学コース。

ネームバリューとしてはLECTACに軍配が上がってしまうので、感覚的に「LECが合わないかも」と感じるところがあれば、大原を選択するのもアリだと思います。

”大学決める時も大体の人、雰囲気で決めますよね?それと同じです。”

予備校選びは大切ですが、予備校はあくまでも手段です。

思い切って決めることも時には必要ですよ。

次のアクション

まずは資料請求でじっくり講座の内容や料金を頭に入れた上で、無料相談の流れがベストです。

もちろん、資料や相談は全て無料です。

「何を聞いたらいいかよくわからない」という状況で無料相談に臨むと講師から情報が引き出せません。

資料を見てわからないこと、気になることを質問できるようにしておきましょう。

あわせて読みたい

資格の大原を含めた主要6校(LECTAC・大原・EYE・クレアール・ヒューマンアカデミー)について、およそ6,000文字での比較記事を作りました。

こちらも参考になるかと思いますので、気になる方はぜひご一読ください。

≫≫関連記事:【2021年8月】公務員試験予備校の徹底比較(元県庁職員が解説)

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事