【コスパ最強】公務員試験予備校クレアールの評判・料金・講座
予備校選びで悩む人
公務員試験の予備校選びで悩んでいる。クレアールの料金、コース、評判はどうなっているんだろう。誰か教えてくださいな。

こんな疑問に答えていきます。

✔️本記事の内容

  • クレアールの主なコース、料金
  • クレアールのメリット・デメリット
  • クレアールの評判
  • クレアールがおすすめな人

こんにちは、はやたです!

この記事を書いている僕ですが、9年間県庁職員として働いた元公務員です。

公務員試験は現役で合格しておりまして、公務員試験に関する記事や公務員生活に関する記事を書いています。

今回の記事では、予備校選びをしやすくするため、公務員試験予備校のクレアールの情報をまとめました。

この記事を読むことで、合格に一歩近づきますので、ぜひ最後までお付き合いください

クレアールの主なコース、料金

PCを使って勉強している女性

クレアールはコースがかなり細かく用意されておりまして、代表的な3つを紹介します。

コース名 定価 割引後

行政系公務員

併願コース

27.5万 約21万

地方上級

全国型コース

26万 約20万

地方上級・市役所

教養コース

17.5万 約14万

行政系公務員併願コースの対象は、「国家一般職・国税専門官・裁判所一般職・地方上級・都庁B・特別区類・市役所・国立大学法人」です。

ちなみに、「定価」と「割引後」の価格を表示しておりますが、クレアールは割引を行っていることが多く、実質的には右側の金額が提供価格となっています。

上記以外にも、クレアールでは下記の通り様々なコースが用意されているので、一度中身をチェックしてみると良いでしょう。

  • 国家一般職(大卒程度)コース
  • 国税専門官・財務専門官コース
  • 地方上級(関東型)コース
  • 地方上級(中部北陸型)コース
  • 特別区I類(事務)コース
  • 地方上級(民間併願型)コース
  • 市役所教養(民間併願型)コース
  • 心理・福祉系コース

など

他社と比べて安い?高い?

他社の主な料金と比較してみましょう。

なお、比較対象としたのはクレアールの行政系公務員併願コース。

  • LEC349,000
  • TAC350,000
  • 資格の大原:355,400
  • EYE308,000
  • ヒューマンアカデミー:244,400
  • クレアール:約21万円

大手であるLECTAC・資格の大原はいずれも35万前後、中堅のEYEは約30万。

これらに対しクレアールはわずか21万と、3割以上も安い。

同じくオンラインのヒューマンアカデミーと比べても3万以上安く、クレアールのコースは業界最安値クラスと言っても差し支えないでしょう。

もちろん、クレアールのサポート体制が貧弱ということはなく、論文添削など丁寧なサポートを受けることができますよ。

クレアールのメリット(強み)

学生の集合写真

公務員試験予備校クレアールのメリット(強み)は、下記の5点。

  1. 費用がやすい
  2. 安心保証がある
  3. 再生速度の調整が可能
  4. 講師の当たり外れがない
  5. 行政職以外も対応している

1.費用が安い

前述になりますが、クレアールは他の予備校と比べて費用が断然に安いです。

「安かろう悪かろう」ではなく、低価格の理由はオンライン型だからです。

LECTACではオンラインと通学の価格差がないため、その意味でもクレアールは費用面で優れていると言えます。

もちろん、オプションで費用が膨れ上がることはありません。

【標準サポート】

  • 論文添削
  • 面接シート添削
  • Webテスト
  • 質問サポート

など

2.安心保証がある

クレアールには「安心保証プラン」があります。

このオプションでは、3万円を追加で払うと、受講期間を1年間延長できます。

しかも、合格して延長せずに済んだ場合は全額返金。

他の予備校では、1年間追加で費用を払うか、数十%の割引ですが、クレアールは驚愕の3万円での保証。しかも返金までしてくれる。

ただし、テキストや過去問題集などの教材の追加配布はなし、などの制限があります。詳しくは無料の資料を入手して確認しましょう!

3.講再生速度の調整が可能

クレアールでは再生速度を最大で2倍まで早めることができ、効率的な学習が可能です。(1倍、1.25倍、1.5倍、1.75倍、2倍)

Youtubeでの動画視聴も、遅いと感じること多いですよね。

私はいつも1.25倍~1.5倍速で聞いています。

公務員試験の勉強は時間との戦いですから、特にスタートが遅れた人には最高の機能ですね。

4.講師の当たり外れがない

通学型の予備校では、担当する講師によって当たり外れがあります。

しかし、通信制のクレアールでは全国どこでも統一した授業を受けることができます。

5.行政職以外も対応している

クレアールのコースは、行政職以外にも「心理・福祉系コース」と「技術系コース」があります。

心理・福祉系コースでは社会福祉概論、教育学といった専門対策を受けることができます。

技術系コースでは土木・建築・機械などの技術区分で必要な専門対策を受けることができます。(工学の基礎など)

実は大手でも心理・福祉系コースは用意されていないことも多く、技術系公務員を受ける方にとってクレアールは有力な選択肢となります。

クレアールのデメリット

公務員試験予備校クレアールのデメリットは、下記の3つ。

  1. 学校設備が使えない
  2. 面接サポートが手薄
  3. 国家総合職などの上級試験に非対応

1.学校設備が使えない

クレアールは通信制の予備校なので、学校設備が使えません。

つまり、勉強を強制的に行う環境が手に入らないということ。

しかし、これはさほど大きな問題ではありません。

予備校が使えないなら、学校か近所の図書館に行けばイイだけの話。

特に大学生は、高い学費を払っているんだから、設備を使い倒してやりましょう。

2. 面接サポートが手薄

クレアールの面接サポートは、下記の通り。

  • 全16テーマの面接講義動画
  • ライティング課題
  • スピーチ課題
  • 面接シート添削
  • 模擬面接

面接サポート自体は充実しているのですが、模擬面接を受けるために東京の水道橋校まで行く必要があります。

そのため、校舎を持つ予備校と比べるとどうしても面接サポートが手薄との評価とせざるを得ません。

オンラインでの模擬面接と、対面では全くの別物になりますので、友人や兄弟に頼んで練習をするようにしましょう。

私はぶっつけ本番で挑んだのですが、流石に緊張がヤバかったです。絶対に練習してから臨んでくださいね!!

3.国家総合職などの上級試験に非対応

クレアールのコースですが、国家公務員総合職試験や裁判所事務類、都庁Aのようなキャリア系の試験については非対応です。

ですが、ほとんどの人は国家一般職、地方上級、市役所や警察を受験すると思いますので、さほど大きな欠点ではないでしょう。

クレアールの評判

噂話をする男女

SNSで調べてみると、クレアールは簿記など公務員以外の講座でも知名度が高いようです。

ネガティブなコメントはなく、クレアールの質の高さを裏付けていると思います。

https://twitter.com/George_blog_/status/1425426871307542528

まとめ:こんな人にクレアールはおすすめ

今までの情報を整理すると、クレアールに向いている人は下記のような方です。

  • 費用をできるだけ抑えたい人
  • 通学でも通信でもどちらでもイイ人
  • 試験当日まで時間がない人
  • 行政職以外の職種を受ける人

特に時間がない方はのんびり通学するのではなく、クレアールを選ぶことで通学時間をなくし、倍速機能を活用して周囲に追いつくことができます。

次のアクション

いくらクレアールが安いと言っても、それでも20万程度の出費は大きいです。

きちんと情報収集をして、多くの選択肢から吟味した上で予備校は決めると良いでしょう。

まずは資料請求でじっくり講座の内容や料金を頭に入れた上で、無料相談の流れがベストです。

※2021年8月13日現在、新型コロナウイルス対策の一環として、来校での個別面談を中止しています。

あわせて読みたい

クレアールを含めた主要6校について、およそ6,000文字の比較記事を作りました。

こちらも参考になるかと思いますので、気になる方はぜひご一読ください。

≫≫関連記事:【2021年8月】公務員試験予備校の徹底比較(元県庁職員が解説)

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事