職務経歴書を見ながら面接する様子
職務経歴書の書き方がわからない公務員男性
公務員から転職活動をしたいけど、職務経歴書って何を書いたらいいかわからない。そもそも公務員だと書くネタがない。公務員から転職した人はどんな風に書いたんだろう。

こんな疑問に答えていきます。

✔︎本記事の内容

・公務員における職務経歴書

・職務経歴書に書く内容【無料フォーマットあり】

こんにちは、はやたです!

自己紹介する著者の写真

この記事を書いている僕ですが、「30代」「地方公務員(県庁)」「コロナ禍」という三重苦の中で内定を4つ獲得し、現在は中堅の民間企業でWebの仕事をしています。また、中途入社の経験を買われ、中途採用も担当しています。

公務員は転職の経験もなければ、民間の就活の経験もないので、職務経歴書の書き方で悩んじゃいますよね。

そこで今回の記事では、実体験を元に、職務経歴書の書き方について解説をします。

※履歴書については「」にまとめてあります。

無料でフォーマットも配布しますので、ぜひ最後まで見てくださいね!

Sponsored Link

公務員における職務経歴書

書類を手渡すビジネスマン

公務員からの転職活動における職務経歴書ですが、練りに練った文章を書く必要があります。

なぜかと言うと、公務員の方は業務未経験となるので、経歴で勝負できません。いかに採用担当に刺さる文章が書けるかで決まります。

公務員の方の職務経歴書を見た際の反応は、

✔︎皆さんのイメージ

採用担当者
あ、なんだ公務員か(公務員だからダメだな)

✔︎採用の現場

採用担当
あ、なんだ未経験か(使えそうな経験はしてないかな)

上記のような違いがあります。

公務員からの転職を狙う場合、とにかく職務経歴書の作り込み次第で書類選考の通過率が大きく変わるので、時間を惜しまず作業しましょう

職務経歴書と履歴書との違い

我々採用サイドは、あなたが具体的にどんなスキルを持つ人物なのか、職務経歴書で判断します。

一方で職務経歴書とともに提出する履歴書は、プロフィールとしての役割を持っています。

FacebookTwitterInstagramなどのSNSで例えるとわかりやすくて、

  • 履歴書→固定プロフィール
  • 職務経歴書→投稿内容

上記のイメージですね。

必然的に履歴書は形式的な内容、職務経歴書は具体的な内容が盛り込まれるわけです。

関連記事:

目指す通過率は2割

公務員からの転職を目指す場合、書類選考の通過率は2割を目指しましょう。

一般的な民→民の転職活動の場合は書類通過率2割~3割程度と言われていますが、 公務員の場合1割を切る人も珍しくないので。

https://twitter.com/t_yutaro/status/1377731531012116483

おはようございます

「公務員から転職するのに何が大変だったか」 とDMがあったので共有。

結論「書類が通らない」 色んなエージェントに見て頂き、言われるのは「公務員ってだけで弾かれるのかも」 面接受けた所はほぼ内定頂いたのですが、面接にいけない笑笑 書類は何度も書き直しました笑

(@t_yutaraさんのTwitterから引用)

[公務員から転職を考えてる人へ]

結論:世間は甘くなかった

甘かったのは自分の考えです。 根拠なく転職は簡単だと思ってた。



結果、書類選考合わせて100社以上落とされました。



ろくに分析もせずにとにかく送りまくってました。 思いも熱量もないまま。 逆のことをすれば、上手くいきますよ!

(@JinseiSandさんのTwitterから引用)

もちろん、私のように通過率が3割、中にはさらに高い人もいるのは事実なのですが、例外層なので堅実的に2割を目指しましょう。

職務経歴書に書く内容

「content」と書かれたノート

ここから本題となる職務経歴書の書き方について解説をしていきます。

職務経歴書は加点方式です

職務経歴書は企業と転職者の一次マッチングの場になります。

  • 求めているスキルを持っているか
  • 会社に活かせそうな経験をしていないか
  • 社会人としての経歴はきちんとしているか

採用担当は、職務経歴書に上記の内容が含まれていると加点し、一定の水準に達すると面接まで通します。(あるいは現場担当者にヒアリング)

なので書きすぎと言うことはないですし、できる限り詳細な情報を入れるスタンスで行くべきです。

職務経歴書の記載項目一覧

公務員からの転職で、職務経歴書に書く内容は下記の5点です。

  1. 職務要約
  2. 職務経歴
  3. 活かせる経験・知識
  4. 希望職種になりたい理由
  5. 自己PR

職務要約

職務経歴書の冒頭であなたがどんな人間なのかを伝える部分です。

大体3行から4行程度に留めておくと良いですね。

それ以上だと長いし、2行以下だとやる気を感じられない印象を受けます。

職務要約は記載できる文字数の制限があるため、業界に関係するワードや、パンチのある実績を端的に示すと良いですよ。

職務経歴

とにかく数字で表すことが大切です。

どんな業務をしている公務員でも、実績は必ず数字で表すことができます。

下記のツイートをみてください。

成果を出せない、職務経歴書に書くことがないと嘆くあなたへ

スーパー公務員みたいに観光客を倍増させたとか、そういうのじゃないんですよ

例えば

・窓口書類の書式変更で県民の記入時間を1分短縮

・100人/日だから100分✖️22日✖️12ヶ月=440時間の時短

考え方を改めるだけで、成果は見つかります

窓口業務を想定した事例ですが、少し考えたらアイデアが浮かんでくる気がしませんか?

活かせる経験・知識

実は公務員からの転職の際、職務経歴書で一番大切な内容になります。

公務員のような職種は、ITだろうが営業だろうが異業種転職になるので、「会社での実務経験の代わりに示せるスキル」を表す必要があります。

ここが書けなければ絶対に書類は通りません。

ちなみに私も、未経験者の書類は目を通しますが、個人での活動実績がない人は担当の裁量で落としてます。そのくらい重要なことです。

ちなみに、何も経験がない人は転職活動の前に、まずトライして実績を作ってください。23ヶ月取り組めば形を何か残せるはずです。

希望職種になりたい理由

公務員から転職の場合、面接で「なぜ公務員を辞めてこの仕事にをしたいのか」と100%聞かれるので、事前に答えを用意しておきます。

事前に明示しておくことで、面接で同じ回答をしても一貫性があるように聞こえますので。(補足は必要ですが)

自己PR

公務員からの転職は異業種転職になるので、ヒューマンスキルをアピールします。

具体的には、下記の内容をまとめることで出来上がります。

  • 苦労したこと
  • 困難を乗り越えるためにしたこと
  • 困難を乗り越えて得たもの

応募する業界、求人が求める人物像に近いヒューマンスキルをアピールできると良いですね。

Sponsored Link

まとめ

記事のポイントをまとめます。

  • 公務員のような未経験者は、個人でどのような活動をして、どのようなスキルを身に付けたかが見られている。
  • 職務経歴書に記載する内容は「職務要約」「職務経歴」「活かせる経験・知識」「希望職種になりたい理由」「自己PR」の5つ。
  • 最も大切な内容は「活かせる経験・知識」

上記のポイントを押さえて、早速職務経歴書の記入に取り掛かりましょう!

無料フォーマットはこちら→ 職務経歴書フォーマット

≫≫関連記事:公務員から転職|履歴書の書き方を解説【無料配布あり】

✔︎ちょっと宣伝です

今回の記事では、公務員から転職する際の職務経歴書の記載内容について、簡単に触れました。

敢えて、職務経歴書の例文や記載テクニックは載せておりません。

具体的な書き方とテクニック、実際に私が使った職務経歴書&履歴書の生データはnoteにて公開しています。

未経験で30代+コロナと言う絶望的な状況下でも書類通過を連発したノウハウを全てつぎ込みました。

note:【失敗しない】職務経歴書の書き方講座(外部リンク)

少しでも書類選考の通過率を上げたい方は、是非ポチってくださいね。

Sponsored Link

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事