公務員を辞めたい気持ちはなくなりません【実体験を話す】
公務員を辞めたい人
公務員を辞めたいけど、自分の考えは甘いのかな。公務員でも転職できるかも気になる。実際に公務員を辞めた人の話を聞いてみたいな。

こんな疑問に答えていきます。

本記事の内容

  • 公務員を辞めたい人はたくさんいます
  • 公務員を辞めたい気持ちは消えません
  • 公務員でも転職できます

こんにちは、はやたです!

自己紹介する著者の写真

この記事を書いている僕ですが、「30代」「地方公務員(県庁)」「コロナ禍」という三重苦の中で内定を4つ獲得し、現在は中堅の民間企業でWebの仕事をしています。最近は採用も担当することになりました。

今でこそバリバリ民間企業で働いていますが、少し前までは公務員(県庁)として働いていました。

実際に転職した身として、皆さんに伝えたいことは「公務員を辞めたい人はすぐに行動してください」ということです。

今回の記事では、公務員を辞めたい人向けに、転職を通じて私が感じた「生の声」をお伝えしたいと思います。

Sponsored Link

公務員を辞めたい人はたくさんいます【過去最多】

群衆の様子

コロナ前の話になりますが、人材大手エン・ジャパンの転職サイトにおいて、公務員の登録者数が201910月~12月に1万2,379人を記録。過去最多となったことが報じられました。(引用元:ダイヤモンドオンライン

公務員を辞めたい人は加速度的に増えている事が数字でわかりますね。

コロナでさらに環境は悪化

私の観測範囲内では、コロナの流行によって公務員を取り巻く環境はさらに悪化しています。

ただでさえギリギリの人員で回しているのに、コロナ対応で人員を持っていかれて連鎖的に「職場崩壊」が起きているようです。

退職することを決めました。

役所の環境、今のコロナの現状とその対応が私には合わなさ過ぎて、これ以上は精神が潰れると思ったからです。

両親も祖母も私の背中を押してくれました。周りの人に恵まれていることだけが、本当に救いです。

もう公務員辞める@21卒さんのツイートより

もちろん、影響のない部署もあるとは思いますが、当面はコロナ対策で職員が割かれるので、公務員の労働環境がよくなることは期待できないでしょう。

公務員を辞めたい気持ちは消えません

ループを書いている様子

残念ながら、この記事にたどり着いたあなたの「公務員を辞めたい」という気持ちは、公務員を実際に辞めるまで消えません。

普通の公務員は「仕事が嫌だなぁ」とは感じても、「辞めたい」とまでは考えませんので。

7年経っても消えない気持ち

私が初めて公務員を辞めたいと感じたのは、入庁した年でした。

新人の自分より仕事ができない年配職員が、自分の2倍以上の給料をもらっていることに強烈な違和感を感じたのです。

その違和感はその後もモヤモヤした形で残り、実際に転職を決断する7年後の時まで、違和感は消えませんでした。

もちろん、仕事が忙しい時は「このままでいいか」と感じたこともありますが、常に葛藤がある状態でした。

なので、残念なお知らせですが、公務員を辞めたいと思っているあなたの気持ちは転職するまでずっと消えません。

【後悔】早く行動すべきだった

実際に公務員から転職した身として、伝えたいことは「早く行動すべきだった」ということです。

下記のツイートを見てください。

若手の公務員へ伝えたいこと。

今の仕事に違和感を持っていたら、その違和感は10年経っても変わりません。

辞めたいと思ったらすぐに辞めた方がいいです。

ほぼ10年経って辞めようと考えているおじさんより。

私が転職活動を行なったのは30代になってから。

30代からの転職では給料の下げ幅も大きいし、転職活動自体もハードルが上がります。

早く行動しておけば、転職活動も円滑に進みます。公務員を辞めるかどうかの葛藤も短くて済みます。

過去の自分に伝えたいのは、「あなたの感じた違和感はずっと消えないから、早く行動した方がいいよ」ということ。

私が10年間勤めた公務員を辞める際、心の底から思ったことです。

Sponsored Link

公務員でも転職できます

possibleと書かれた彫刻

公務員を辞めたいという不安を解消するには、転職しか方法がありません。

公務員から転職ができるのか不安かと思いますが、結論としては「特に問題なく」転職することができます。

公務員のイメージも変わってきている

下記のツイートを見てください。

【勤務初日に言われたこと】

・公務員て忙しいんだよね

・公務員て試験大変難しいんでしょ

・民間にチャレンジする精神はすごい!

『もったいない』『なんで辞めたの?』という声はひとつもなかった。

公務員の見方も変わってきているのかもしれない

最近は公務員=忙しくて大変、というイメージに変わりつつあり、根性がある人材だと思われていたようです。

それなりに時間はかかる話

もちろん、公務員からの転職は簡単と断定しているわけではありませんよ。

異業種への転職になるので、それなりに準備時間が必要になります。

例えば、IT系への転職なら下記の感じですね。

エンジニア:プログラミングの経験が必要

Webマーケター:解析ツールの使用経験が必要

転職サイトの求人を見るとわかるのですが、転職者には「経験値」が求められています。

もちろん、企業側としては経験者を一本釣りできればベストです。

しかし、そう簡単にはいかないので、実務未経験でも自走力の高い人なら、採用しても良いと考えている事が多いです。

私の転職もまさにそのパターンで、高い自走力と人間力を買われ、経験者に競り勝ち採用されました。

ちなみに、転職するならIT系が圧倒的にオススメでして、詳細は「公務員からのおすすめ転職先はIT系です【事務職は絶対ダメ】」にて解説しています。

まとめ

summayと書かれたノート

記事のポイントをまとめます。

  • 公務員の転職サイト登録数が、201910月~12月の集計で過去最多を記録。潜在的に公務員を辞めたいと考えている人は多い。

  • 公務員を辞めたいという気持ちは、一度持ったら退職するまで消えない。

  • 公務員を辞めたいと思った瞬間が行動するタイミング。

  • 公務員からの転職は時間がかかるが、実務未経験でも採用してくれる企業は多く、転職自体の難易度は高くない。

要するに、公務員を辞めたいという考えは至極普通だし、辞めたいという気持ちは消えないので早めに転職するしかない、ということですね。

というわけで、記事は以上となります。

あとは「やるか・やらないか」の話です。


今から行動する人は、1年後に違う景色を見ています。その一方で、何も行動しない人は、1年後にも同じ景色を見ています。

どちらを選ぶかは、あなた次第!

≫≫関連記事:【失敗しない】公務員から転職におすすめ転職サイト3選

≫≫関連記事:公務員からの転職で失敗するパターン【実際の転職者が解説】

Twitterもやってます

転職のノウハウや転職後のリアルについて、Twitterで毎日情報発信しています。

フォローいただければ無料で情報をゲットできるので、ぜひポチってください。

≫≫はやた@元公務員webマーケター

Sponsored Link

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事