公務員から転職して後悔する人とは 【元県庁職員が語る】
公務員からの転職で後悔したくない人
公務員からの転職を考えているけど、やっぱり怖い。後悔しない選択をしたいな。民間に転職した人から転職後の意見を聞いてみたい。

こんな疑問に答えていきます。

✔︎本記事の内容

  • 公務員から転職の実態
  • 公務員から転職して後悔するパターン
  • 転職で後悔しない方法

こんにちは、はやたです!

この記事を書いている僕ですが、「30代」「地方公務員(県庁)」「コロナ禍」という三重苦の中で内定を4つ獲得し、現在は中堅の民間企業でWebの仕事をしています。

公務員からの転職はまさに「人生の大転換期」だと思います。

過去の自分もまさに今のあなたと同じで、公務員からの転職についてネットで情報を調べていたのですが、参考になるものが少なく苦労しました。

そこで今回の記事では、筆者の転職体験を元に、公務員から転職して後悔してしまう人について解説をします。

Sponsored Link

公務員から転職した経験を話す

メガホンで注意を引く子供

公務員から転職について、私はポジティブな立場ですが、全てがバラ色という訳ではありません。

すごく前向きな変化があった点もあれば、マイナスな部分もあります。

転職して良かった点

  • 自分の好きなことを仕事にできた
  • 仕事の裁量が大きくなった

特に仕事の裁量が大きくなった点は、役所時代からの大きな変化です。

公務員だと、なんでも主査・係長級に判断を仰いで、主任以下はその手足・・・ということがほとんどです。

ですが民間企業、特に中小企業では若くてもガンガン「どうしたい?」と判断を求められます。

私も入社2ヶ月目で、小さいですがプロジェクトのチームリーダーになりましたからね(笑)

もちろん、上長はいるので相談はしてOKですし、公務員の「報告・相談・連絡」スキルは重宝されます。

民間では20代後半、30代前半で役職付きは珍しくないので、自分で考えて行動したい人は民間にぴったりですよ。

転職して悪かった点

下記のツイートをみてください。

転職後のマイナスポイントを強いてあげるなら、「プレッシャー」ですね。

自分の仕事が自社の利益に直結するので。

よくある公務員の仕事で、「なんだか効果がよくわからないけど毎年継続されてる事業」があると思います。

このような事業は即刻スクラップ(廃止)されますので、数字に関して役員に話す時は独特の緊張感がありますね。

もちろん、「ミスったらダメ」という思考ではなくて、「じゃあ次に活かそう」という思考が強いので、責任追及とかはされませんよ。

公務員特有の「だらだら感」がなくなってしまうので、ちょっと恋しくなる時があります笑。

公務員からの転職でよくある質問

特に転職後の労働環境について、気になると思うのでこちらでお答えしますね。

給料はどうなりましたか
みなし残業込みですが、月給40万弱です。

ボーナスが満額支給されるようになれば、役所時代を超える見込みですね。
みなし残業ってぶっちゃけどうなの?
みなし残業があるからといって、みなし残業分の時間を働かないといけないわけではありません。

みなし残業が30時間でも、全く残業しないコスパ最強の社員もいます!
残業は多いですか?
今のところ、1ヶ月あたり10時間程度の残業ですね。

急な仕事が入ったら20時まで仕事する時もありますが、ほぼ定時で帰ってます。
スキル不足で悩みませんか?
私の職種は「Webマーケター/Webディレクター」という専門職種ですが、スキル不足で周囲についていけないことはありません。


もちろん、好きなので毎日勉強していますけどね。
元公務員の肩書は白い目で見られませんか
むしろ「良くぞきた高学歴!」のようなノリで重宝されます。

公務員から転職して後悔するパターン

ベンチで頭を抱え込むサラリーマン

  • 民間とのギャップに苦しむ人
  • なんとなく転職してしまった人

転職後のイメージが不十分な人、なんとなく公務員が不満だと思って転職してしまう人は転職後に後悔しますね。

民間とのギャップに苦しむ

民間企業は全体的な社員の年齢が若く、仕事の裁量も大きいです。

早ければ20代後半で係長や中には課長なんて人もいます。

当然、その分仕事の裁量も大きいわけですが、公務員では「部下」を持つのって40代半ば以降ですよね。

民間:情報を集めて自分で判断する。上司には随時相談するだけ。

公務員:情報を集めて上司に判断してもらう。

上記のように、自分で仕事を回すことになるので、自身が意思決定から実行まで一気通貫で関わります。

自由に仕事ができる分、責任が大きくなるので、ルーチンワークが好きな人は民間に向きません。絶対に後悔します。

転職理由があいまい

公務員から転職するには強い目的意識が必要です。

民間企業はユートピア(理想郷)ではありません。

「ポンコツ上司」や「謎の社内ルール」など、公務員と同じ悩みだってあります。

いわゆる「部署ガチャ」だって民間もあります。

  • 今の職場の人間関係が嫌だ
  • なんとなく公務員に不満がある
  • やりたい仕事がない

転職理由が上記のうち1つでも当てはまるなら、その転職は失敗して後悔することになるでしょう。

公務員を続けた方が給料下がらず、休みも多いので労働環境がいいわけですからね。

どんな人が民間向けかについては「公務員からの転職で失敗するパターン【実際の転職者が解説】」にて解説しておりますので、こちらもぜひ選考にどうぞ。

Sponsored Link

転職で後悔しない方法

情報収集を徹底する

後悔を避けるためには、転職後のギャップを少なくすることが大切ですので、情報収集は徹底して行ってください。

このブログまでたどり着いた人はかなり情報収集能力が高いと思うので、あとはもう一つ具体的な情報を得たらいいと思います。

あくまでブログは二次的な情報になるので、生の声を聞くためにTwitterなどで転職者にDMで質問するといいですよ。

私も転職活動をしている時、いろんな人にDM送って情報をもらってました。

特に目指している業界が被っている人だとベストですね!

興味のある分野を見つける

転職の意思があっても、何が自分に向いているかわからない人は多いはず。

そのような方は、焦らずじっくり考えてください。

具体的には、求人を毎日チェックするといいですよ。

求人をたくさん見ていると、相場感もつきますし、ある時に「これは面白そう!」という職種が見つかるはずです。

求人票っていろんな情報が入っていて、眺めるだけでも結構楽しいですよ!

参考:リクナビネクストの求人

まとめ

summayと書かれたノート

民間企業は公務員よりも社員の年齢が若いがゆえに、ひとりひとりの裁量が大きく、自由に仕事ができます。

その代わり、結果(数字)に対する責任も大きくなります。

また、人間関係など公務員と変わらない悩みもあります。

公務員からの転職で後悔しないためには、

  • 生の情報を転職成功者から得ることでギャップをなくす
  • 求人をチェックして興味のある分野を見つける

上記の2点に取り組むことが大切です。

公務員からの転職を思い立ったら、その思いは転職するまで絶対に消えません。

あなたの転職が成功するように、応援しています!

≫≫関連記事:【公務員から民間】おすすめ転職サイト・エージェント(転職成功者が語る)

≫≫関連記事:公務員からのおすすめ転職先はIT系です【事務職は絶対ダメ】

≫≫DMはこちら(Twitter/外部リンク)

Sponsored Link

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事