【実体験】公務員からの転職は「ちょっと」難しい話
公務員から転職を考えている人
公務員からの転職を考えているけど、難しいのかな。転職した人はどうやって転職できたんだろう。実際に転職した人の意見を聞きたいな。

こんな疑問に答えていきます。

本記事の内容

  • 公務員からの転職は「ちょっと」難しい話
  • 30代地方公務員が転職活動した結果
  • 悩むなら行動すべし

こんにちは、はやたです!

自己紹介する著者の写真

この記事を書いている僕ですが、「30代」「地方公務員(県庁)」「コロナ禍」という三重苦の中で内定を4つ獲得し、現在は中堅の民間企業でWebの仕事をしています。

公務員からの転職ですが、世間的には「難しい」というイメージが強いと思います。

結論としては、公務員からの転職は確かに難しい点もありますが、対策を講じれば普通に転職は可能です。

今回の記事では、なぜ公務員からの転職は難しいと言われるのか、実際の転職活動の結果と準備について、解説をしたいと思います。

Sponsored Link

公務員からの転職は「ちょっと」難しい話

質問の答えを考える小さい女の子

公務員からの転職ですが、民間→民間の転職と比べると、少し難しいです。

なぜなら、民間企業が求めるスキルは、公務員の仕事を続けていても身につきませんので。

民間企業は経験者を求めている

転職市場においては、民間企業は実務経験者を求めています。

ほとんどの会社は、大手企業のように新卒を青田買いして、教育することは難しいですからね。

Webマーケター:SEOの知識、分析ツールの使用経験

エンジニア:アプリ開発経験

実際のところ、転職サイトにある求人のほとんどは上記のような実務経験を求めています。

公務員をしていても、民間企業で利益に貢献するためのスキルは身につかない事が、公務員からの転職を難しくしています。

実際の求人をお見せします

下記の画像をご覧ください。

Webマーケティング会社の求人票

必須経験として、下記のいずれかの経験となっています。

  • HTML/CSSを使ったコーディング業務の経験
  • Googleアナリティクスを使った解析業務の経験
  • Webサイトの保守運用の経験

上記は私が実際に応募した求人です。

このような形で、企業は転職者に「経験」を求めるわけですね。

未経験者にも門戸は開かれている

経験者が求められていると話しましたが、それはあくまで理想の話。

実際の採用の現場では「未経験でもポテンシャルがあればOK」と考えている事もしばしばです。

なぜなら、多くの会社はネームバリューがないため、自分たちの理想の人材が応募してくれることは難しいと理解しているんですよね。

【💡Tips💡】

これは採用を担当するとわかるのですが、求人通りのスキルを持った応募者は少数で、未経験者やダメそうなフリーランスが結構な割合でいるんですよ。

なので未経験者であっても、自走力が高そうな人材や、経験者と遜色ない知識を持っている場合は採用することも普通にあります。

小まとめ

ここまでの話をまとめます。

公務員からの転職を成し遂げるには、未経験者でも採用してくれる企業と出会う必要があります。

当然、対象となる企業が少なくなるので、ハンディキャップを背負っているというわけですね。イメージは下図の通り。

公務員からの転職活動イメージ。8割は経験者しか採用しないが、2割の企業は未経験でも採用することを示しているピラミッド図形。

したがって、公務員からの転職は「ちょっと」難しいわけです。

30代地方公務員が転職活動した結果

公務員から転職が難しいことは事実なのですが、準備をきちんとすれば問題なく転職はできますよ。

下記ツイートをご覧ください。

【ご報告】

本日で1ヶ月半の転職活動が終わりました。

・コロナ禍

31

・公務員

という三重苦の中、内定を4ついただくことができました。

エンジニア目指した半年でしたが、最終的には『webマーケター』になることを決めました。やっぱりこっちの方が性に合ってます笑

皆が気になる年収は

↓↓

3つの職種で合計4つの内定を獲得しました。2021年の2月~3月に行動したので、コロナ禍真っ最中にも関わらず、です。年収も450万なので、多少下がりましたがそこまで悪くない数字だと思います。

公務員からの転職は難しいことは事実なのですが、頑張り次第で十分に達成できると言えますね。

大事なことは「何ができるか」

実際に転職活動をするとわかるのですが、「公務員」に関することは質問されません。

公務員だろうが飲食店勤務だろうが、未経験者は未経験者ですから。

聞かれることは、「あなたは何ができますか?どんなことをやっていますか?」というスキルに関する質問ばかりです。

その際、自分が積み上げた経験を話す事ができれば、マッチングする会社が必ず出てきます。

転職活動は、自分がいきたい会社との出会いを探すというより、自分を拾ってくれる会社が現れるまで粘るイメージを持つといいですね。

転職で準備したこと

例えば私の場合、エンジニアとWebマーケターで悩んでいたので、それぞれ経験を積み上げました。

エンジニア:HTML/CSS/PHP/Laravel/AWSを用いてポートフォリオの作成

600時間くらい

webマーケター:ブログ100記事作成。GoogleAnalytics、サーチコンソールを使ってPDCAを回す経験を積む。

1000時間以上

上記の感じですね。

特にWebマーケターの経験値は、1年程度の実務経験者を凌ぐレベルの知識量になっていたので、書類通過率が4割近くにまで登っていました。

正直、ここまでやる必要はないのですが、少なくとも3ヶ月、できれば半年程度は学習していないと難しいですね。

よくある質問:何を学習すべきかわからない

学習する内容は、求人票に書いてあります。

求人票は転職サイトに載っていますので、必ず登録して、できれば毎日チェックして業界知識を身に付けるようにしてください。

私が実際に活用した転職サイトは、「【失敗しない】公務員から転職におすすめ転職サイト3選」にまとめてあります。

Sponsored Link

悩むなら行動すべし

走るビジネスマン

この記事にたどり着いたあなたは、公務員からの転職を検討されていると思います。

正直に言いますが、悩んでるヒマがあるなら行動した方がいいです。

なぜなら、1日経つごとにあなたの労働市場価値は下がっていきますので、時間が経てば経つほど転職が難しくなるからです。

毎年市場価値は下がっていく

公務員の皆さんの労働市場価値は、自分の給料と反比例して下がっていきます。

スキルがないまま年齢が上がっていくわけですからね。

具体的には、未経験者の採用でも同じスキルならば年齢の若い方が採用されるということです。

なので20代後半、あるいは30代前半の人たちはその点を肝に銘じて行動すべきです。刻一刻を争うという認識を持って転職活動に取り組みましょう。

関連記事:【30代】公務員から転職できないと思っているの?

ベストなタイミングはない

下記のツイートを見てください。

https://twitter.com/nanpa_komuin/status/1395892412879417345

公務員からの転職は厳しくなるかもしれません
dodaの転職レポートによれば、2021年の転職市場は前年同月比で
・求人数10%減
・転職希望者20%増
となったようです
昨年の緊急事態宣言時より悪化してますから、転職に何が必要かリサーチして、毎日積み重ねるしかありませんね

まさか去年の緊急事態宣言中よりも、今の方が転職市場は悪化してるなんて、誰も予想できませんよね。

「コロナが落ち着いたら」「もう少し家庭が落ち着いたら」と言うのは簡単です。でも絶対に来年も同じこと言っていますよ。

転職にベストなタイミングはありません。

行動したいと思った時がタイミングなんです。

まとめ

summayと書かれたノート

記事のポイントをまとめます。

  • 公務員を続けていても民間で使えるスキルは身につかないため、転職の難易度はやや高め。
  • 未経験でもポテンシャルがある人材は採用してくれる企業は一定数あるため、その企業とマッチングすることを狙う。
  • 民間企業が欲しがるスキルを身につければ、問題なく転職できる
  • 転職したいと思った時が転職活動を開始するタイミング

公務員からの転職は、確かに難しい側面があります。

中には偏見を持った人事がいることも事実です。

しかしながら、私を含め先人たちが前例を積み上げており、風向きは確実に変わって来ています。

公務員から転職したいと思ったら、その思いはずっと消えません。

すぐに行動して、行動しながら思考すればいいと思います。

皆さんの転職活動が成功することを、心から応援しています!

≫≫関連記事:公務員を辞めたい気持ちはなくなりません【実体験を話す】

≫≫関連記事:【失敗しない】公務員から転職におすすめ転職サイト3選

Twitterもやっています

転職のノウハウや転職後のリアルについて、Twitterで毎日情報発信しています。

≫≫はやた@元公務員webマーケター(外部リンク)

フォローいただければ無料で情報をゲットできるので、ぜひポチってください。

Sponsored Link

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事