Sponsored Link

f:id:sdo1208:20180816221252j:plain

お疲れ様です、軟派公務員です。

 

 

「ボーナス」

 

 

いい響きですよね。私は、ボーナスが大好きです。(笑)

 

給料の他に、もう一度給料が入るなんてこんな素晴らしいことはないですよね!こればっかりは雇われの身分のいいところかと思っています(笑)

 

本記事では、地方公務員の2018年度の冬のボーナスを年代別、自治体の規模別にまとめました。

 

※当記事では、総務省が毎年公表している「平成29年地方公務員給与の実態」をバックデータとしております。2018年10月1日現在、最新のデータを反映している記事となります。

 

Check!

 

 

Sponsored Link

ボーナスの支給日は?

f:id:sdo1208:20180809215745j:plain

国家公務員のボーナス支給日は「12月10日」となっています。

 

地方公務員も基本国に準拠するため、同じく「12月10日」が支給日となります。(※自治体によっては、12月10日以外の日を支給日としているところがあるかもしれません。ごく少数だと思いますが。)

 

なお、2018年12月10日は月曜日で平日のため、暦通り12月10日に支給される見込みとなっております。(10日が休日だと前日の平日となる)

 

クリスマスより少し前に支給されることはありがたいですね!

2018年冬のボーナスの動向

f:id:sdo1208:20180808214545j:plain

結論を先に申し上げると、僅かではありますが2017年度よりアップする予定です。

 

公務員のボーナスは、実はいくら支給されるのかが、当該年度の夏(8月上旬)まで確定しません。

 

それは、公務員の給与が人事院勧告という制度によって左右されるためです。

 

学校で習った通り、公務員には労働基本権の一部(争議権)が認められておりません。

 

そのため、自分たちの給料の公平性を保つべく、人事院という行政機関が設置されております。その人事院が年に一度、国会・内閣・その他行政機関の長へ公務員の給与について、勧告をすることになっております。

 

この勧告については法的拘束力はありませんが、勧告通りに給与改定をすることが通例となっております。

 

そして2018年度の人事院勧告ですが、国家公務員のボーナスを4.40ヶ月分から4.45ヶ月分へ0.05ヶ月引き上げることが勧告されました。(参考URL:http://www.jinji.go.jp/kankoku/h30/pdf/30point.pdf(人事院HP)

 

この勧告により、国家公務員のボーナスは0.05ヶ月分引き上げられる見込みであり、地方も追随するため、同様に0.05ヶ月分ボーナスがアップする見込みでおります。(地方公務員の人事院勧告は10月上旬ごろ。)

Sponsored Link

【年代別】2018年度地方公務員の冬のボーナス支給額

f:id:sdo1208:20180816221401j:plain

(全自治体)平均支給額

地方公務員の中でボリュームゾーンである一般行政職の冬のボーナス支給額から見てみましょう。

 

【2018年度】地方公務員の冬のボーナス支給額(一般行政職)
 →785,591円(平均年齢42.3歳)

 

総務省の地方公務員の給与実態調査を参照し、算出しました。

(内訳:月給(各手当を除いた給料)319,492円+地域手当18,397円×支給月数2,325ヶ月)

 

なお、ボーナスである期末・勤勉手当の算出基礎には扶養手当が含まれるため、扶養家族がいる場合は若干ですが、支給額が多くなることになります。

(参考)

平成29年度扶養手当平均支給月額:9,189円 

(全自治体)年代別支給額

年齢 月給(*1) ボーナス(*2)
18~19 150,237 392,074
20~23 178,213 457,118
24~27 201,722 511,777
28~31 228,662 574,412
32~35 260,765 649,052
36~39 298,844 737,585
40~43 357,348 873,607
44~47 364,628 890,533
48~51 384,307 936,287
52~55 399,994 972,759
56~59 412,300 1,001,371

 

 (*1)月給とは、地域手当、扶養手当、住居手当、単身赴任手当、通勤手当、時間外勤務手当(残業代)といったすべての諸手当を除外した基本給です。

(*2)平成30年度人事院勧告に基づき、2.325ヶ月で算定。算出基礎となる月給に、地域手当の平均額18,397円を加算し算出。

(都道府県)年代別支給額

年齢 月給 ボーナス(*1)
18~19 151,383 393,153
20~23 179,906 459,469
24~27 204,328 516,250
28~31 233,099 583,143
32~35 266,680 661,218
36~39 305,337 751,096
40~43 345,126 843,605
44~47 368,698 898,410
48~51 386,443 939,667
52~55 401,198 973,973
56~59 413,866 1,003,426

(*1)地域手当を平均の17,715円として算出

(政 令 市) 年代別支給額

年齢 月給 ボーナス(*1)
18~19 147,885 426,638
20~23 176,912 494,125
24~27 201,211 550,620
28~31 232,372 623,070
32~35 266,462 702,329
36~39 304,703 791,239
40~43 340,353 874,126
44~47 366,641 935,245
48~51 387,711 984,233
52~55 406,584 1,028,113
56~59 424,039 1,068,696

(*2)地域手当を平均の35,615円として算出

(市 役 所) 年代別支給額

年齢 月給 ボーナス(*1)
18~19 150,529 381,233
20~23 178,896 447,186
24~27 201,779 500,389
28~31 227,070 559,190
32~35 257,387 629,677
36~39 290,141 705,830
40~43 334,799 809,660
44~47 363,933 877,397
48~51 384,771 925,845
52~55 400,494 962,401
56~59 412,729 990,848

(*2)地域手当を平均の13,442円として算出

(町村役場)年代別予想支給額

年齢 月給(*1) ボーナス(*2)
18~19 148,614 351,119
20~23 171,357 403,997
24~27 195,422 459,948
28~31 218,579 513,788
32~35 247,535 581,111
36~39 285,175 668,624
40~43 324,168 759,282
44~47 353,140 826,642
48~51 372,675 872,061
52~55 387,060 905,506
56~59 396,317 927,029

(*2)地域手当を平均の2,405円として算出

まとめ

  • 2018年度地方公務員の冬のボーナスは、全体では785,591円の予想。
  • 2017年度より、+0.05ヶ月の見込み。
  • 自治体別では、政令指定都市>都道府県>市役所>町役場の順で支給予想額が大きい。
Sponsored Link

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事