【30代】公務員から転職できないと思っているの?
公務員から転職したい30代
公務員から転職したい。でも30代だし、転職なんてできるのかな。家族もいるし、転職後の収入も知りたい。

こんな疑問に答えていきます。

本記事の内容

30代からでも公務員から転職できる

30代公務員の転職活動の戦略とは

・転職後の未来を話します

こんにちは、はやた(@nanpa_komuin)です!

自己紹介する著者の写真

この記事を書いている僕ですが、30代」「地方公務員(県庁)」「コロナ禍」という三重苦の中で内定を4つ獲得し、現在は中堅の民間企業でWebの仕事をしています。

まさに今のあなたと同じで、30代公務員から転職をするべく様々な情報をネットで調べていたのですが、情報が少なく苦労しました。

そこで今回の記事では、実体験を元に、30代公務員からの転職のリアルや戦略について話したいと思います。

Sponsored Link

30代からでも公務員から転職できる

possibleと書かれた彫刻

公務員からの転職は異業種転職になるので、 役所内でどれだけ経験を積もうが転職には影響ありません。

20代も30代も同じカテゴリ

要するに、何歳だろうが「未経験者」というカテゴリなわけです。

・公務員(行政職)から営業になりたい

・公務員(行政職)から○○コンサルになりたい

・公務員(行政職)からITエンジニアになりたい

・公務員(行政職)からマーケターになりたい

全て同じ「未経験からの転職」ですよね。

20代も30代も関係ありません。異業種転職者として、正しく準備をすれば問題なく転職できます。

転職活動の戦略については、後述します。

実際の転職者たち

私を含め、世の中には30代公務員から民間への転職組がたくさんいます。

Twitterで有名な人たち】

わびさん(@wabisabist:元自衛官から航空業界へ

やとよんさん(@yatoyon:民間→地方公務員→民間へ再転職

タロさん(@sarabaantei:年収を落とさず転職に成功

他にもたくさんいますが、一部抜粋ということでご容赦ください。

上記に挙げた方々は、公務員から民間への転職で苦労したこと、民間の良さ・公務員の良さを定期的に情報発信しており、大変有益です。

私も転職前から上記3名をフォローし、情報をチェックしていました。

30代公務員の転職活動の戦略とは

strategyと書かれたパズル

30代公務員の場合、社会人としての経験も長く、年収の水準も20代より高くなります。

異業種転職という基本は同じですが、20代よりも不利な点もあるため、粘り強く転職活動を行う必要があります。

公務員から転職の基本

大事なことなので繰り返しますが、公務員からの転職は異業種転職です。

異業種転職では「自分の熱意と知識をどれだけ示せるか」が合否の鍵を握ります。

熱意と知識を示すには、業務外で自分の時間を大量に費やすしかありません。

面接で「めっちゃやる気あります!熱意は負けません!」とか言っても信用されませんよね。精神論ではなく、客観的な指標が必要です。

例えば、私の場合だとブログやプログラミングのポートフォリオがあるので、それを訴求しました。

上記が公務員から転職する際の基本です。

しかしながら、我々30代が転職に成功するには、もう一捻り工夫が必要となります。

20代より不利な点

残念ながら、30代は20代よりも転職のハードルが高いです。

なぜなら、同じ未経験者でも、求められるスキルが上がるからですね。

例えば、あなたが採用担当だとして、同じスキルのAさん(25歳)とBさん(35歳)のどちらかを選ぶとしたら、どちらにしますか?

絶対に若いAさんを採用しますよね。同じスキルだとしたら、賃金が安くすむ若い方を選ぶのは当たり前です。

我々30代は20代の転職者と比べられる上、弱い立場にいるという点を認識しておきましょう。

30代公務員の転職戦略

若い20代との競争を勝ち抜くには、「未経験者の中で最高峰レベル」になるしかありません。

例えば私の場合、「月間4PV」という点を1つ武器にしました。

一般的な中小企業のHP1PVにも届きませんから、個人で4PVという数字はよく驚かれます。(正確にはブログとHPでは異なりますが、噛み砕いて説明してます)

ですので、自分がなりたい職種に必要なスキルをじっくり学習、実践することが必要です。20代なら1ヶ月程度で良いですが、我々30代は最低でも3ヶ月はかけてください。急がば回れ、です。

ちなみに、必要スキルは求人を見れば載っています。

求人の抜粋

求人を見るための転職サイトについては、【失敗しない】公務員から転職におすすめ転職サイト3選を参照してください。

よくある質問:未経験可の求人にすればいいのでは?

未経験可の求人は応募すべきではありません。

なぜなら、未経験可の求人はどんな人材でもできる、専門性のない仕事なので給料も低く、スキルも身につきません。

IT業界ではSES(システムエンジニアリングサービス)会社未経験可の求人を多く出していますが、開発に携われる可能性は低く、ロースキルのまま現場を渡り歩くことも珍しくありません。

特に我々30代は「未経験可」という文字に飛びつきやすいので、絶対に経験者求人に応募するようにしてください。

Sponsored Link

転職後の未来を話します 【後悔ゼロ】

朝日の写真を撮る女性

最後に、転職後の未来についても少し話しておきたいと思います。

私は転職によって給料はほぼ下がらず、仕事は趣味のように楽しいのでストレスフリーな生活ができています。これは誰でも実現できることだと思います。

給料は維持できる

私の転職後の年収はボーナス抜きで450万です。2年目からは役職がつき、さらにボーナスが上乗せされるので役所時代の年収を超える見込みです。

1年目からボーナスが出る会社は少数です。早くても半期後、又は2年目以降が多いですね。

瞬間風速的には年収が下がってしまいますが、2年目以降の上げ幅が大きいので、早ければ2年目には公務員時代の年収に追いつくことができます。

仕事も普通についていける

専門知識が必要なことを除けば、民間も公務員もやることは同じです。

例えば、下記が私の1日の流れです。

9:00 出社・メールチェック

9:15 自社Webサイトの解析、報告資料の作成

11:30 課長へ中間報告、添削を受ける

12:00 昼食

13:00 報告資料作成続き

15:00 作業完了

15:30 Webデザイン担当者と打ち合わせ

17:00 翌日のタスク確認・メールチェック

18:00 退社

Web○○」という箇所をあなたの今の職場に当てはめれば、やってること同じですよね。

仕事のスピードはやや早いですが、県庁で本庁勤務、国で本省勤務を経験していれば全く問題ないレベル感です。

仕事が楽しい

私はWebマーケティングの仕事が好きなので、正直今めちゃめちゃ楽しいです。仕事を1つこなすと1つレベルアップする感じ(笑)。

この感覚は公務員時代に一度も味わうことはなかったですね。

よく趣味と仕事は違う、と言いますがそんなことはないです。趣味が仕事になるということは最高です。

結論:ストレスフリーの人生ゲット

公務員から転職した結果、私は今とても充実した日々を送っています。

仕事でちょっと遅くなることがあっても、それが自分のスキルになったことがよくわかるので、充実感があります。

転職する理由は様々でしょうが、せっかく公務員から転職するなら好きなことを見つけて、それを仕事にしちゃいましょう。

この記事にたどり着いたあなたは、少なくとも他の転職者より戦略家ですので、絶対に人生を変えるチャンスを掴むことができると思いますよ。

転職のノウハウや転職後の様子はTwitterで発信していますので、フォローしていただけると転職のビジョンがより明確になると思います。

はやた@元公務員webマーケター(Twitter)

≫≫関連記事:【失敗しない】公務員から転職におすすめ転職サイト3選

≫≫関連記事:公務員からのおすすめ転職先はIT系です【事務職は絶対ダメ】

Sponsored Link

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事