Sponsored Link

f:id:sdo1208:20180704205701j:plain

おつかれさまです、軟派公務員です。

 

新年会、送別会、歓迎会、暑気払い…

 

日本人は飲み会が大好きです笑

 

私は元々お酒は強くはありませんが、大学時代に鍛えられたこともあり、飲み会には積極的に参加しています。

 

でも、お酒を好きな方ばかりではありませんよね。また、お酒を毎日飲めば強くなるわけではありません。体質的にも、全くお酒が飲めない人も数多くいらっしゃいます。

 

特に新しく公務員になる方、なろうとしている方にとって、仕事とプライベートのバランスという観点から重要な点なのではと思います。

 

本日は、そんな地方公務員の飲み会事情について、お答えしようと思います。

Sponsored Link

飲み会の頻度

f:id:sdo1208:20180704205806j:plain

好きな人はよく飲みに行き、そうでない人はほぼゼロ

基本的に、飲み会については自由意志が尊重されます

 

酒好きな人は酒好きな同士で毎週のように飲みに行きますし、そうでない人は通年でゼロ(定例的な飲みを除いて)といった構図が自然と形成されます。

 

公務員の方々は、良くも悪くも個人間の結びつきが強くないため、プライベートに首を突っ込んでくることはほとんどありません。

 

「よし、今日は飲み行くぞ!お前らも付き合え!」

 

みたいな展開はほぼありません。というか、あったらパワハラ認定間違い無いです。

 

よくいえば個人の時間を重視する、悪く言えばドライなのが公務員の世界観なので、飲み会が得意でない方にとっては、良い環境かもしれません。

 

 

私個人の感覚では、下手に連れ回されることで自分の時間が確保できなくなったり、彼女との関係悪化といったことは絶対に嫌なので、今の環境はすごくありがたいと思っています。

一応、強制参加の飲み会もある(年数回)

一年の間に数回、下記の通りほぼ強制参加(みんなが来れそうな日を選ぶ)の飲み会もあります。

 

  1. 歓迎会(4月)
  2. 暑気払い(7月〜8月)
  3. 忘年会(12月)
  4. 送別会(3月)

 

これらについては、部局全体でやることが多く、かなり大規模な会になります。

 

上の人に顔を覚えてもらったり、普段関わらない課の人と話したり、また労をねぎらう貴重な機会ですので、出席率はほぼ100%です。普段お酒を飲まない方でも、同僚との貴重なコミュニケーションの場なので、これくらいは出ておいた方が無難だと思います。(仕事の臨時トラブルは除く)

 

ちなみに、幹事は若手がやることが基本となっています。

飲み会の雰囲気

f:id:sdo1208:20180704212602j:plain

もともとギラギラせず、和やかな公務員の気質もあり、体育会系的なノリはほぼありません。もちろん若手がグイグイ飲めば場は盛り上がりますが、それよりも会話を重視しますので、イケイケなノリは必要ではありません。

 

お酒が飲めない人への強要や、女性への手酌強要など絶対的に有り得ないので、すごくアットホームな雰囲気な飲み会です。

 

 もちろん若手同士で飲みに行けばそれなりに盛り上がりますが笑、課の飲み会のような場はとても和やかな雰囲気であり、どんな人でも馴染みやすい空気だと私は思います。

 

逆にイケイケで飲みたい人にとっては少し物足りないと思いますので、そういった人は飲み仲間を作ったり、二次会へ行く等して、酒欲を満たすことになると思います。

Sponsored Link

まとめ

  • 公務員の飲み会は、 自由意志が尊重される。飲むことが好きな人はよく飲みに行き、そうでない人はほとんど行かない。
  • 年に数回、定例的な飲み会(歓迎会など)があり、ほぼ強制参加。
  • 飲み会の雰囲気は終始和やかで、体育会的な要素は皆無。
Sponsored Link
おすすめの記事