Sponsored Link
民間の内定もらえたけど、やっぱり公務員になりたい・・・。でも今からだと勉強する時間なんてないよ!勉強時間0でも合格できるのかな?
公務員になりたいけどー、勉強苦手だからしたくないなー。勉強なしで公務員にはなれないのかな?

お疲れ様です、軟派公務員です。

公務員試験は、難関試験です。

公務員を志す際、誰もが「勉強なしで受かりたい」と思います。

ネットでは「ノー勉で公務員試験に合格した」「公務員試験は簡単」と吹聴する人もいます。

果たして、それは本当なのでしょうか。公務員試験は、勉強時間0でも合格できる試験なのでしょうか。現役公務員が、お答えしたいと思います。

Sponsored Link

公務員試験はノー勉では合格できない

断言しますが、公務員試験はいわゆる「ノー勉」で合格できる代物ではありません。

私は3か月強で筆記試験をパスしましたが、3か月とはいえ集中的に勉強し、1,000時間近くの時間を費やしています。

どんなに頭が良い人でも、簡単に合格できるものではありません。その理由を説明したいと思います。

筆記試験の範囲が広い

公務員試験の範囲は、とてつもなく広いです。

  • 一般教養:文章理解、判断推理、数的推理、資料解釈
  • 一般知識:日本史、世界史、地理、化学、生物、地学etc
  • 専門科目:憲法、民法Ⅰ・Ⅱ、行政法、ミクロ経済学、マクロ経済学、政治学、行政学etc

パッと思いつく代表的な科目だけで、これだけあります。

そして公務員試験に合格するためには、これらの科目でそれぞれ6割程度の正解を得る必要があります。

いくら学部が法学部や経済学部といえど、あくまでも専門科目の一部分をカバーしているだけです。専門科目の他の科目や教養科目を無視することはできません。

法学部や経済学部出身者は、スタート地点でリードしているものの、あくまでもほかの受験生と比べて半歩分進んでいるだけだという認識で起きましょう。

ライバルはみんな勉強している

誤解を恐れずに言うと、公務員試験の競争相手は「平凡な大学生、高校生」です。

しかしその平凡な学生たちは、合格するために並々ならぬ努力をしています。

4択のマークシートの試験で、正答率60%を超えるために、半年、1年、2年という歳月を費やして挑んできます。

なぜ、勉強するのか?それは、勉強しなければ合格できないからです。答えは自明の理だと思いませんか?

「勉強時間ゼロで受かった」のウソ・ホント

でもさー、ネット上にはノー勉で受かったって人結構いるよー
なんか変化球な受験方法があったりするんじゃないの?

インターネットが普及している現在では、いろんな情報が飛び交っています。

一部を誇張している人もいれば、明らかにデマだろうと思う情報もあります。

公務員試験については、「ノー勉で受かった」という話を鵜呑みにしないためにも、いくつかの情報の真偽を確かめておく必要があります。

①筆記試験のない機関を受ければいい

→たしかに、筆記試験がない行政機関は、あることはありますが、とても少数です。

私が把握している範囲では、守口市役所の採用試験のみです。

守口市では、三次試験までありますが、集団面接と個人面接および適性検査にて合否判定をしているようです。筆記試験については適性検査があるため、ゼロではありませんが、通常の公務員試験で必要ないわゆる教養問題は出てきません。

ただし、倍率は50倍を超えています。

2018年度では、最終合格者11人に対し550人が受験をしています。通常の公務員試験であれば、最終合格率は5倍前後となることが多いため、55倍という数字は規格外です。

ですので、筆記試験のない行政機関を受験することで、確かにノー勉で合格できる可能性はありますが、そもそもそういった行政機関は少ないことと、倍率が桁違いですので、有効な情報ではないと判断できます。

②一般教養のみの行政機関を受ければいい

→主に市役所・警察消防の試験では、筆記試験は教養のみというところも多いと思います。しかしながら、勉強を一切しないで合格できるほど甘くはありません。

「公務員試験の一般教養は、SPI試験と類似しているから、その応用でなんとかなる」という理屈が出所ですが、公務員試験の教養試験とSPIでは難易度のレベルが違います。

よほど地頭がよい、IQが150あるとかの天才気質ならば、確かにちょっとした機転を利かせるだけでクリアできるのかもしれません。

ですが問題の難易度はレベルが違いますから、いくら「SPIが得意」だという人でも、ノー勉で合格できるという理屈にはならないと思います。

Sponsored Link

コネでの入庁はできないの?

コネクションについては、諸説あります。

実際にコネによる入庁というものは、まったくのゼロと断言はできませんが、いずれにしても、勉強時間の大小には影響ありません。

なぜならば、コネクションが効くのは二次試験以降、いわゆる面接試験からになるためです。

公務員試験の一次試験は大半が筆記(マークシート)で、業者が集計しますから、コネクションが入り込む余地はありません。

ですので、コネクションの有無というのはまた別次元の話ですが、そもそも筆記試験をパスしないとコネの力を発揮する土台にまで立てないということになります。

なお、余談ですが、当方の知人は「県議会議員に口利きしてもらった」が、面接試験で落ちました。

本当に県議が口利きしたかを証明できない以上、真偽のほどは定かではありませんが、コネというものはそんなに簡単なものではないように感じます。

まとめ

  • 正攻法で受験する場合、一般教養+専門試験があるため、膨大な範囲を勉強なしでパスすることは極めて困難。(最低でも1,000時間の勉強時間が欲しいところ)
  • 「面接のみ」というトリッキーな自治体もあることはあるが、母数が少ない上に倍率が桁違いのため、一般の受験生がすがるようなものではない、
  • コネクションは筆記試験では効果がない。
  • 上記の理由から、公務員試験は、ノー勉(勉強時間0)で合格することは極めて難しいと考えられる。
Sponsored Link

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事