Sponsored Link

 おつかれさまです、軟派公務です。

『仕事を辞めたい』

誰もが一度、考えたことあるとおもいます。しかし、実際に辞めるとなると、ハードルが高いですよね。

そして巷では、『仕事は最低でも3年続けろ。辞めるかはそれから考えろ。』このように言われることが一般的です。

ただ、『3年』の根拠ってなんでしょうね?3年続ければ仕事がわかるとかなんとか、そう言った抽象的な話止まりなことがほとんどではないでしょうか。

本記事では、仕事を3年で辞めた方がいい場合、辞めない方がいい場合について、ご説明いたします。

Sponsored Link

なぜ、辞めたいのか

まず、なぜあなたは仕事を辞めたいのか、具体的に考えてみましょう。

  • 給料が低い
  • やりがいが感じられない
  • 上司とウマが合わない

etc…

上記以外にも、様々な理由があると思いますが、これらの理由を分類すると下記のような類型になります。

  • 給料が低い→待遇が不満
  • やりがいが感じられない→仕事内容が不満
  • 上司とウマが合わない→人間関係が不満

お気付きの方もいると思いますが、何かが不満で仕事をめたいと考えているわけです。

そして、ストレートに申し上げますが、これらのような不満が理由ならば、仕事は辞めない方がいいです。

仕事を3年以内に辞めた方がいい人たちというのは、辞めた方がいいかもなのではなく、辞めなければいけない人たちです。

辞めなくてもいい人たち

何かが不満で仕事を辞めたいと考えている人たちは、仕事を辞めなくてもいい人たちだと申し上げました。

さて、それはなぜでしょうか。

仕事を辞める、ということは、仕事を辞めるだけでは終わりませんよね?当然、「転職」することが前提となっています。「新しい職場ならば今自分が抱えている不満を解消できる」、そのように考えているわけですね。

それってつまり、今よりも何らかの形で待遇を改善しようとしていることになります。ストレートに言えば、

「俺はこんな給料・仕事内容じゃ不十分だ。」

「だからもっとレベル高い会社で働かせろ」

こういうことですよね。

しかし、胸に手を当てて考えてください。あなたは、本当にそのようなレベルの高い人材ですか?入社して1年そこそこのあなたは、ほかの社会経験の豊富な人よりも優れた人材なのですか?

動機と行動が矛盾している

待遇をよくしたいと考えているのに、3年の経験もつまずに転職することは、動機と行動が矛盾しています。

動機は、冒頭から申し上げているように、待遇の改善ですね。

次に行動です。待遇を改善するために転職するということは、より優良な企業に入るということですよね。では、企業はどういった人材を求めているか、考えて見ましょう。

新卒という真っ白な人間ではなく、一度どこかの会社でそのカラーに染まった人を採用するわけですから、一般的には社会人経験者を採用する際、前職でのスキルを活かすことが期待されています。

しかし、3年以内の場合はどうでしょう?一体、何のスキルを売り込むつもりですか?すぐに出てこなかった人は、転職の見込みはありません。

現実には第二新卒という形にはなるので、新卒と同じくポテンシャル採用に近いのですが、何かを成し遂げ、売り込むものがなければ、競争に勝ち残ることは期待できないでしょう。

ちなみにですが、キャリア官僚の世界では、結構転職が頻繁です。まだ象徴へのパイプもない彼らですが、行っている業務は20そこそこの人間がやるものではありませんので、その高い経験値が買われて転職できるのです。

中長期的な目線で考える

あなたが抱えている不満というのは、一過性のものではないか、よく考えてみることも大切です。

例えば私の場合、入庁して最初に赴任した場所はド田舎で仕事がほとんどないような部署でした。そこそこ有名な大学を出て、英語もできる。そんな自分が田舎で毎日時間を持て余している日々。本当に憂鬱でした。何度も辞めようかと思い、転職サイトを見続ける日々があったことを今でも覚えています。

私の場合は2年で異動することが確定していましたので、2年の辛抱ととらえ、その間は自分の価値を高めよう。(語学力を向上させ、資格もいくつか取りました)そして本庁へ行っても公務員の仕事に魅力を感じなければ、本気で転職しようと思っていました。

そして結果としては、本庁では自分の力は通じず、イチから鍛え直されました。めげずに先輩上司の仕事ぶりを学びました。そしてその努力の甲斐あって、上層部との調整会議に参加させてもらうことやビッグイベントの担当(もちろん補佐にベテランがいます)の機会を与えられ、やりがいを見出すことができました。

これは私の一例ですが、少し長い目で考えたことで、結果的に「仕事内容についての不満」は解消されました。(残業も多かったので、給料も笑)

木を見て森を見ずにならない

給料が不満であっても、それは若手ならば皆同じようなものです

仕事内容が不満であっても、若手のうちから自分がやりたいことに携われることは稀です。なぜなら、経験値が足りないから。

人間関係に不満があっても、どうせその人は少しすればいなくなるか、あなたが先に異動します。それに、どこの職場に行っても、苦手な人というものは存在するものです。

Sponsored Link

辞めた方がいい人

仕事を3年以内に辞めた方がいい人というのは、仕事を辞めなければいけない人たちです。どんな人たちか、一言で言うと

「ブラック企業に勤めている人たち」

です。この人たちは、ソッコーで辞めてなんら問題ありません。なぜなら、命にかかわるから。自分の健康や周囲の関係を犠牲にして仕事を続ける意味なんかありません。仕事を辞めなければ自分の身が危険なので、すぐに辞めてなんら支障はないと考えます。

 「長時間労働に耐えられなければ負け組」

「残業は率先して行うもの」

「残業代は申告するな」

こんなことが常態化していれば、そこはもうブラック企業です。そんなところとは見切りをつけて、あなたのことをきちんと評価し、人として扱ってくれる企業を探しましょう。

一旦退職して、公務員試験を受けるということも、一つの方法です♪

まとめ

「待遇・仕事内容・人間関係」の不満はいずれ(3年以内に)解消される。それらを理由に辞めるのならば、中長期的に見ても希望がない場合にする。

ブラック企業に勤めている場合は、過労で倒れてからでは遅い。すぐに退職し、新しい仕事を探したほうが無難。

Sponsored Link

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事