Sponsored Link

お疲れ様です、軟派公務員です。

先週金曜日は、忘年会でした。

気の合う仲間と下ネタで盛り上がり、夜のボルテージが上がっていました。

そこで先輩と2人で、東京のクラブへ行くことに。

久しぶりの実戦ということで、記憶の新しいうちにレポートを書きたいと思います。

Sponsored Link

ナンパレポート:渋谷編

クラブナンパはいつも六本木なのだが、人通りが少なく、入りの少なさを警戒し渋谷に行くことへ。

行き先は、渋谷のT2

今思えば、渋谷のクラブに行くのは数年ぶり。

最近アラサーになり、若い子を食べる悦びを覚えていた私は、若者の街へ期待を寄せ、出陣しました。

ハコに入ったのは夜1時過ぎ。人の入りは、まずまず。

それなりに規模感もあり、何より女の子の数が多い。体感的には男6:女4くらい。六本木では8:2、よくて7:3くらいなので、かなり女性が多く感じました女の子の質もまずまず。年齢のボリュームゾーンは21〜23といったところ

お酒もそこそこに、挨拶がてら声かけ開始。しかし、会話が弾まない。(ん、まぁ久しぶりだし最初はこんなもんか…)

2人目、3人目と続きオープンするも会話が続かない。

ここで自称中級ナンパ師の軟派公務員、あることに気づく。

「こいつら話の引き出しがねぇ。。。。」

そう、話しかけた女の子たちは学生と、サービス業のフレッシュ社会人。

対して私はアラサー公務員。

爽やかさと誠実さ勝負するナンパスタイル。決して勢いに頼らない。

周りを見ていると確かにナンパしている。が、ほとんどがろくに会話をしている様子がない。

『ウェーイ』

『お酒飲もうよー』

聞いてればこんなんばっかりだ。

(自称)爽やか系ナンパ師の私は、そのノリは25歳になる時に捨てている笑。いきなり3年前に戻れと言われると、正直つらい笑

できればトークで勝負したいが、最近の経験値はほとんどが対OL、それも20代半ばから後半のものであった。

実際に話してみるとわかるが、この20代前半と半ばの間には相当な違いがある。話し方、頷き方、表情や仕草、何より人生経験が全く別物だ。社会性を身に着ける前後の違いであろう。

共感できるネタがない。先輩も微妙な空気感の違いを克服できない様子だった。我々は乗り切れないまま、T2を後にした。

渋谷のクラブではノリが全てであった。

話しているカップルはいても、いちゃついてるカップルは見かけなかったので、相手のガードを下げることは少し難しそうに感じた。

以上、渋谷からお送りしました。

Sponsored Link
おすすめの記事