Sponsored Link

こんにちは、軟派公務員です。

 

このブログの読者様は、女性と効率的に出会う方法を模索している、志の高い武士(もののふ)が多いのではないかと思います。

 

本日は、女性と出会う方法4パターンについて、それぞれの特徴を考察したいと思います。それぞれの特徴から、自分に合う方法を見つけ、必勝の流れを手に入れてください。

 

評価項目は、下記3項目とし、すべて独断と偏見によるジャッジとします。

費用・・・・・・お財布に優しいか

女性のレベル・・スト高と出会いやすいか

打率・・・・・・当日にホームランを放ちやすいか

難易度・・・・・初心者でも取り組みやすいか

Sponsored Link

①合コン(ナンパ未経験者向け)

大人の男女が出会う方法の王道といえば、合コンになるかと思います。

ナンパ未経験の方でも、合コンはしたことがあるという方は多いかと思います。

費用・・・・・・★★★

女性のレベル・・★★

打率・・・・・・★★

難易度・・・・・易

メリット

合コンのメリットは、気軽に行えるところです。

幹事役になった人は女の子のチョイスなど仕事が多いですが、ソロにならない環境である点と、ガンシカ(声かけで無視されること)がない点から、初心者にもオススメな方法です。

大衆店ならば費用もさほどかからないので、お財布にもやさしいです。

デメリット

幹事の力によることも多いのですが、総じて女性のレベルが微妙です。

スト高の子もいないわけではないのですが、そういう子の場合、連れてこられた感が強く、ハードルが高いことが多いです。

まぁ美人ならば合コンに参加するまでもなく引っ張りだこなので当然でしょう。

 

また、打率は低いです。女性は同性から軽く見られることを嫌います

よっぽど飢えているか、気に入られないと、二次会のあとに2人で…なんて展開にはなりません。たまたまできたとしても、それは実力ではなく運によるものですので、自分を過信してはいけません。

②ネットナンパ(ナンパ初心者向け)

一昔前までは怪しいものという認識でしたが、今では認知度もかなり向上してきました。

「出会うかもしれない系サイト」や「マッチングアプリ」を使って女性と出会う方法です。

費用・・・・・・★★★

女性のレベル・・★★★★

打率・・・・・・★★★★

難易度・・・・・普通

メリット

ネットナンパの最大の魅力は、顔を合わせて話す必要がないことです。

直接会うまではメールでのやり取りが基本なので、会話に自信がなくても全く問題ありません。

好きな時にメールを返せばよいので、普段の生活の片手間に行えます。マメな人には、最適な手法だと思います。

 

また、意外かもしれませんが、女の子の平均値がけっこう高いことも、オススメポイントです。

デメリット

期待値が高いネットナンパですが、出会うまで、相応の時間がかかります

サイト内でやり取り⇒ラインでやり取り⇒アポ取り⇒アポ

が基本の流れですが、トントン拍子で進んでも1週間程度はかかります。

突然連絡が途絶えることも珍しくないので、費用対効果がよくありません。

Sponsored Link

クラブナンパ(ナンパ中級者向け)

費用・・・・・・★★★

女性のレベル・・★★★★

打率・・・・・・★★★★

難易度・・・・・普通~やや難

クラナンとも呼ばれます。

読んで字のごとくクラブでナンパします。

クラブには数回行ったことがあるという方、結構いらっしゃるかと思います。

メリット

ナンパの中では、費用対効果のバランスがよい方法です。

エントランスで3,000円~4,000円かかりますが、ゲストを取れば安く抑えられますし、通常ドリンクチケットもついてきます。

また、爆音のため、女性とほぼ密着した状態で会話ができ、相手も酔っているので会話テクをノリで補うことができます。

何より、クラブという特殊環境により、ワンチャンに対してのハードルが下がっているため、必然的に高打率となります。

ナンパ初心者の方には、クラブナンパをおすすめします。

デメリット

ライバルが多いことが挙げられます。

週末ともなれば、男女比は男8:女2であることも珍しくありません

男女のバランスが偏らないよう調整している箱もありますので、おって紹介していきたいと思います。

ストリートナンパ(ナンパ上級者向け)

これぞナンパ、という王道の手法ですね。

路上で声かけし、連れ出しやLゲなどを狙います。

費用・・・・・・★★★★★

女性のレベル・・★★★★

打率・・・・・・★★★★

難易度・・・・・難しい

メリット

費用がかからない、気が向いたらできる、時間の縛りもないという自由度の高さが、ストナンの最大のメリットです。

また、なかなか合コンでは出会えないスト高も狙えます。

デメリット

もちろん、いいこと尽くめではありません。デメリットもあります。

ストリートナンパは、前述の3つに比べて格段に難易度が高いです。

なぜならば、ストリートナンパはすべて1人で行わなければなりません。

周りにサポートしてくれる友人もいなければ、お酒といった外部環境の手助けもありません。自分の話術がすべてです。

 

10人声かけて1人からも返事が返ってこないなどということはザラなので、強靭なメンタルが必要です。

Sponsored Link

まとめ

自分に合った手法は見つかりましたでしょうか。

これらのジャンルの中から、1つ自分に合ったものを見つけて技術を磨くことで、見違えるような戦績を残せるようになると思います。

  • 合コン・・・・・・ナンパ未経験者向け。気軽に行える。
  • ネットナンパ・・・初心者向け。期待値は高いが、時間がかかる。
  • クラブナンパ・・・・中級車向け。ナンパする最高の環境だが、ライバル多。
  • ストリートナンパ・・上級者向け。スト高を狙えるが、強靭なメンタルが必要。
Sponsored Link
おすすめの記事